お部屋探しから契約まで

①  住みたいお部屋の条件を決めましょう

 お部屋探しをするときは、まず入居希望日・間取り・家賃等、住みたいお部屋をイメージし、インターネットなどで情報をチェック、希望に合うお部屋があるかを確認。 あれもこれもと希望条件が思い浮かんでくるかと思いますが、すべてを満たす物件が見つかるとは限りません。 駅までの所要時間・物件の構造(木造/鉄筋)・その他細かい条件(部屋の階数/収納/バス・トイレ別等)の優先順位を決めておくと良いでしょう。

◆家賃は収入の3分の1程度が目安と言われています。また、初期費用は敷金・礼金・仲介手数料・火災保険・など家賃以外の費用も必要となることを考慮しておくことが必要です。 
毎月、月末までに翌月分の家賃・管理費を支払います。
■一般的な初期費用(物件ごとに異なりますので不動産会社に確認下さい)
 ●日割り家賃・・・入居日以降月末までの日割り家賃
 ● 敷金(家賃の1~2か月分)・・・入居期間中大家さんに預けておくお金です。家賃の滞納や部屋を引っ越すときの原状回復義務による
  修理負担分を、この敷金から差引、残額が返還されます。
 ●礼金(家賃の0~1か月分)・・部屋を貸してもらう謝礼として大家さんに慣習的に支払うお金。
 仲介手数料(家賃の1か月分+消費税)・・大家さんと入居者の契約がスムーズに成立するよう仲立ちをした手数料として不動産会社
 に支払うお金。
 ●火災保険料(1.5~2万円)・・・家財の火災保険と、借家人賠償責任補償、および個人賠償責任補償がセットされていす。
 隣家のもらい火でおきた火災でも、隣家に賠償請求をすることはできません。自分の家財は自分で火災保険をかけて守りましょう。
 また、階下への漏水事故や、日常生活上で起きた賠償トラブルをカバーできます。

◆お部屋を借りる際は連帯保証人が必要となります。誰に頼むか考えておくと、申込の際スムーズです。
 連帯保証人・・・入居者が家賃滞納したときに支払責任が生じます。また、入居後の生活トラブル等もご相談する場合があります
     ※原則、連帯保証人が必要ですが、保証会社の利用も ご相談下さい。
       保証会社利用の契約  初回保証委託料(月額家賃の50% 最低保証委託料 25,000円)

② 不動産会社で物件の内見をしましょう

 ご希望のお部屋を探したら、実際にお部屋を見てみましょう。空室状況は日々変化しています。事前に不動産会社へ連絡し、お目当ての物件がまだあるか確認の上、ご来店することを勧めします。当社ではご希望をお伺いし、物件のご紹介や不明な点・ご相談にスタッフが丁寧に対応いたします。
 気になるお部屋を2~3件に絞って、内見しましょう。駅からの道、周辺の環境、図面ではわからないこともあるので、自分の目で確認することが大事です。 

 お部屋が決まったら申込をします

 お部屋を決めたら早めに不動産会社へ連絡し、申込をします。所定の申込書に、住所・勤務先・連帯保証人等を記入し大家さんの入居審査があります。

④ 入居審査でオーケーがでたら契約です

 契約に必要な書類を揃え、不動産会社で契約を交わします。
 ■必要なもの
  ●印鑑
  ●住民票・・・入居する全員分が必要です。
  ●連帯保証人の承諾書・印鑑証明書・・・所定の承諾書に記名・捺印した物と押印した印の印鑑証明書。
  ●お金

 契約書・重要事項説明の内容を読み上げながら説明していきます。禁止事項や特約事項、そして契約解除と退去時の敷金の取り扱い等を確認します。入居後のトラブル回避のために、聞きなれない専門用語や分からないことがあれば、遠慮なく質問し理解することが大事です。
 すべてに納得したら、契約書にサイン・押印し、お金の受渡を行い契約締結となります。

    

  新しい環境での生活をお楽しみください!

   ※
お引越しの際の手続についてはコチラをクリックください